« C6はかっこいい・・・♪ | トップページ | ベンツの工夫 その10:一人で作業できるボンネットのラッチ »

2007.09.15

ベンツの工夫 その9:ランプユニットに刻印された型番

半年前に切れた右ストップランプ球ですが、今度は左が切れました。やはり同じような時期に寿命が来るもんなんですね。早速交換することにしました。この前は購入時についていたバルブセットの球を使いましたが、今回使おうとすると、同じのはもうありません。そこで購入することにしました。

09150004

球の型番がわからなかったので、前回同様取説を調べようとしましたがパラパラみたところ、今度は見つかりません。そこで現物確認しようとしたところ、前回は気づかなかったんですが、写真のようにユニットに型番(P21W)が刻印されています。見ると他の球の部分にも全て刻印があります。

09150005

すごいなベンツ。マニュアルみなくても交換できるようになっています。調べなくても一目でわかる「目で見る管理」って、メーカーに勤める者としてすごく共感できるわけです。

で、早速ホームセンターで球を買ってきました。小糸製作所ので、2個で340円でした。12V 21Wです。

 この工夫は、よくあるものといえばよくあるものなんですが、大抵はメーカーが組み立てる時に、取り付け間違いしないためにしてあると思います。もしかすると単にそういう意味なのかもしれませんけれど、同時にユーザーにとっても役に立つというところが、単純だけどすばらしい工夫ですね。
 私は、日本車も含めた他のメーカーの車で、このような場所で、このような工夫は見たことがありません。マニュアルを見なくてもわかるってすごく大事だと思います。直感的に操作できるとか、現物見ればまちがいようがないということは、すごく親切ですね。
 現物の球を見れば済む話では?とも思いますが、元々装着されていた球を見ましたが、型番らしきものがすごくわかりにくくて、やはりこの取り付けユニットに大書してあるというのはうれしい工夫です。
 こういう刻印ひとつとってもコスト高になるのは間違いないんですが、些細なコストですが、良いと信じるものにはコストをおしまない、そのベンツな精神にまたまた今日も惚れてしまったわけです。

|

« C6はかっこいい・・・♪ | トップページ | ベンツの工夫 その10:一人で作業できるボンネットのラッチ »

ベンツの工夫~W202編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C6はかっこいい・・・♪ | トップページ | ベンツの工夫 その10:一人で作業できるボンネットのラッチ »