« ウォッシャータンクの底の穴は水抜き穴? | トップページ | ベンツの工夫 その16:本気のFirst Aid Kit »

2009.02.14

ベンツの工夫 その15:解錠後一定時間で自動施錠されるドアロック

Cimg0084 久しぶりのベンツの工夫です。

ベンツの工夫 その13:解除できる自動ドアロック」で、書いたドアロックの機能なんですが、今日マニュアルを見ていたらおもしろい機能を見つけました。

「メイン・キーのリモート・コントロール機能で解錠した車は、以下の操作をしないと、約40秒後に再び自動的に施錠されます。ただし、フラットキーで解錠した場合は、自動的に施錠されません。
◇ドアを開く
◇トランクを開く
◇イグニション・スイッチにキーに差し込む
◇ドア・ロック・スイッチを押す」
となっています。ほぉーー、おもしろい機能だな。要は何かしようとおもって、解錠したんだけれども、やっぱりやめたか、途中でなにか起きて解錠したことを忘れてしまって放っておいたときに、それをそうだと判断し、自動的に施錠してくれる、ってことだな、と。

で、早速試してみました。リモコン・キーで解錠してから、実測しました。1,2,3・・・結構40秒って長いです。確かに、解錠してから40秒間もの間、掲載されている条件の行動をとらないというのは、ちょっと考えられないというか、何かあったんだと判断して問題ない長さです。
で、約43秒後に「ズンっ」といって自動的に施錠されました。なかなかよくできてます。さすがメルセデス。こういう人間が気づかないところにも手抜かりなし!といったところです。

|

« ウォッシャータンクの底の穴は水抜き穴? | トップページ | ベンツの工夫 その16:本気のFirst Aid Kit »

ベンツの工夫~W202編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォッシャータンクの底の穴は水抜き穴? | トップページ | ベンツの工夫 その16:本気のFirst Aid Kit »