« 2010 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 2010年車検報告 (37,257km) »

2010.01.11

エアマス交換 ~総集編~

エアマスねた、引っ張ります!

メルセデス・ベンツCクラス(W202)エアマス・インサート部私の1999年式メルセデス・ベンツC240(W202)は、フルスロットル時、ATがシフト・アップしていかない症状がありました。そこで原因をエアマスにあると考え、交換するに至った記事を年末に3本掲載しました。
今回はその総集編として、苦労話など余計なことを省き、この記事を見ただけで、エアマスが怪しいときの症状から、エアマスの入手、交換までができるように実用本位でまとめてみました。
総集編を書くにあたり、単なる再編集ではおもろないので、今までの記事では掲載しなかった交換後に必要な作業やネット情報を追加しています。

■エアマス交換に至った症状
追い越しや停止時からのフル加速が必要なとき、アクセルを深く踏み込むと、エンジン回転数がリミット直前まで上がるんですが、一向にシフト・アップせず、失速してしまうんです。そのとき、少しアクセルを緩めると、ガクンッと2速にシフト・アップするんですが、また踏み込むと2速から上がらない、そんな症状が出ていました。
ですが、日常の運転では特におかしなところもなく、シフトも正常でそれほど困っていたわけではありませんでした。フルスロットルに近いときだけ、それが起きていました。
それを記事にしたところ、何人もの人が「エアマスが怪しい」「同様の症状が交換で直った」とコメントをくれました。
過去の記事
  - ATプログラム変! (2006.8.1)
  - Cのシフトプログラムはどうも馴染めない(2006.12.09)
  - ATシフトプログラムやっぱり変!(2006.12.24)
  - ATシフトプログラムの続き・・・(2007.01.03)
■一般的な典型症状
ネットで調べてみると、メルセデスに限らずいろんな車種で、いろんな人がエアマスの不調による症状を報告していますが、車種に因らず、私と同じような症状が出るようです。
その症状を端的にまとめてらっしゃるサイトを見つけました。大変わかりやすい。
The Maintenance of W210&W168さんのこちらのページです。
http://www16.ocn.ne.jp/~sr_188/airmass2.html
■対処方法
エアマスを洗浄して直ったという報告もありますが、多くの場合、最終的には交換しないと直らないようです。私の場合も、洗浄では直らず、交換して直りました。

■エアマスの入手方法
ヤナセで純正品を買うと、9万円ほどするという話もある高価なエアマスですので、同じような症状が出たからといって、試しに買ってみると言うにはリスクが大きすぎます。ネットでも数年前まで4万円くらいしたそうなんですが、最近下がってきているようで、2万円以下で買えるようになってきました(2009年12月現在)。
入手先はヤフオクが手っ取り早い。オークションといっても業者販売で即決価格ですから、価格も安定しており、余計な心配も要りません。
■エアマスの選定
ヤフオクには多数のエアマスの出品がありますが、BOSH製で、かつ最安値だった業者i_u_car2008さんを選びました。しかもここは送料も無料!
この業者のオークションには、各メーカー、各モデルのエアマスが多数出品されています。エアマスはエンジンによって型番が異なります。購入前には、まず型番を知る必要があります。
W202(V6)用エンジン(M112)のBOSH型番は、0280217515です。業者での出品タイトルは、「新品純正 【BOSCH】 0280217515ベンツ エアマス W202」です。
C200(直4)や前期型直6エンジンなどは型番が違いますのでこの業者さんに問い合わせると教えてくれるみたいです。
また後述する方法で、エアマスを外してみて、現物の型番を確認するのも手です。外すのはすごく簡単で作業時間は5~10分ほどしか、かかりません。
エアマスは、筒状部分も含めたこの写真のものを交換する場合と、下の写真ようにエアマスセンサー本体だけ(エアマスインサート)を交換する場合があります。筒状の方は横からインサートが刺さっています。
筒状とインサートはそれぞれ、「1年保証」と「新品」というものがあります。「新品」は保証がないわけではなく、初期動作不良に対する保証はあります。
筒状1年保証=17,500円
筒状新品=15,000円
インサート1年保証=16,000円
インサート新品=13,500円
私は「筒状新品」を選びましたが、外した元の筒の中を確認したら、私の場合は汚れてもいず、汚れていたとしても水洗いできるようなものですので、、「インサート新品」で十分だったと思っています。
ただし、インサートだけを交換するには、ヨーロッパ車には一般的な☆型のトルクスねじドライバーが必要です。サイズはT20。トルクスねじドライバーは、普通のホームセンターに売っています。このようないくつかのサイズのセットで、980円くらいです。T20サイズ専用のドライバー一本だけだったら、500円以下で売っていると思います。ただし、中心部が凹んでいるもの。
深夜の落札後の翌々日には届きました。とても迅速な業者で信頼できます。
箱は、BOSHの純正の箱。

■エアマス交換作業手順
手順は、1. 準備作業 2.エアマス交換作業 3.後作業に分かれます。さらに、エアマス交換作業は、インサート部だけを交換する場合と、筒状部も交換する場合に分かれます。

1. 準備作業
▼準備物
・13mmのメガネレンチ(バッテリーターミナル外すため)
・軍手
・トルクス・ドライバーT20(インサート部だけ交換する場合)
・プラス・ドライバー(筒状部を交換する場合)
▼準備作業手順
購入した新品センサーを装着する前にバッテリーを外します。バッテリーを外すのは、現在のエアマスからの測定値を記憶しているECUの情報をリセットするからだと言われていますが、V6エンジンでは必要ないという情報もあり、必要なのかどうかは定かではありません。
バッテリーはトランクルームの床下にあります。
バッテリーを外すといっても、実際にはマイナスターミナルを外すだけです。
マイナスターミナルは13mmのめがねレンチで緩めて、緩んだら、ターミナルを外します。
バッテリーを外すとラジオのメモリーがリセットされるはずですが、実際には15分間ほどの作業ではリセットされませんでした。

2. エアマス交換作業
2-1. インサート部だけを交換する場合の手順
エアマスセンサーの位置はここです。
拡大してみるとこんな感じです。
コネクタを外さないとセンサーは抜けないのですが、エンジンカバーが邪魔で外れません。
カバーは、四隅をひとつづつ上に上げると簡単に外れます。
外してみるとカバーは4箇所で止まっています。
そのうちの一箇所を拡大したのがこの写真です。ゴム製のもので、ここがカバー裏のフックに噛むようになってます。
元に戻してみると、カバーの上から押さえるだけでクリッとしたクリック感と共に簡単に噛み、至極簡単に脱着ができます。
エアマスセンサー(インサート部)のコネクタを外します。コネクタの両脇のポッチを押さえながら抜くだけです。
センサーはヨーロッパ車によく使われているトルクスねじ(星型ねじ)で留まっていますので、普通のプラスドライバーでは外れません。ねじのサイズはT20でした。上下2本外します。
トルクスねじドライバーは、普通のホームセンターに売っています。このビットセットにに小型ラチェットスパナがついて、980円です。こういう安物で十分です。
ただし、2つ上の写真でわかるように、トルクスねじの中心部が膨らんでいます。容易に外されないように、凸になっています。ですから、それを外すビット側の中心が凹になっているものを購入購入してください。
ねじが外れると、エアマスセンサーが抜けます。抜くのは少し力が要りました。緑色のゴムシール部分の摩擦力がしっかりしているためです。エアマスは空気流量を測るものですから、エア漏れがあると正確に測定できないので、このシールがしっかりしている必要があるのでしょう。
これが、エアマスセンサーです。
BOSH製で、部品番号が
F 00C 262 025
と刻印されています。
しかし、この型番ではオークションには出品されていない場合が多いようです。筒状部の側面に刻印されている型番が必要です。
新品のエアマスを、抜いたのと逆の手順で装着します。
2-2. 筒状部を交換する場合の手順
筒状部分を外すにはまずエアクリーナーの蓋を外します。工具は必要なく、赤丸部の6つのフックを外し、黄色部のフックを上下2箇所外し、、青丸部の冷却水ホースを留めから外すだけです。いとも簡単にはずれます。赤丸一番上のところだけは、少し引っかかります。黄色部の裏側のフックも少し固いですが、たいしたことありません。。
上の写真の黄色部を横から見た写真です。左のフックが裏側にあたります。こっちが固い。
蓋をはずすと、こんな感じです。
次に、エアマスインサート部のみの交換作業のときと同様、エアマスインサート部のコネクタを抜きます。エアクリーナーの蓋を外した場合は、エンジンカバーを外さなくてもコネクタは抜けます。
ここまででこんな感じになります。これがエアマスセンサーが入っている筒部分です。
この筒を交換のためにさらに外すには、ホースバンドを緩めます。これは普通のマイナスドライバーでOKです。ホースバンドが緩んだら、少しねじりながら筒を抜きます。
こんな感じです。
元の純正筒の側面にある型番を確認すると
BOSH番号:0 280 217 515
メルセデス番号:112 094 00 48
でした。
逆の手順で、新品と交換します。

3. 後作業

エアマスの交換ができたら、バッテリーのマイナスターミナルを元に戻し、キーをONにして、約10分間放置します。エンジンはかけません。ON位置のままです。こうすることによって、エアマスセンサーからの入力をECUが学習するようです。エンジンがかかってないときの電流量?を、デフォルトとして設定するのではないかと思われますが、V6エンジンの場合は意味がないという話もあったりでよくわかりません。しかしやってだめなこともないので、やっておきました。バッテリー消費がちょっと気にかかりましたが、仕方ありません。放置の間、エンジンルームからは、びぃーーんという何かに電気が流れているような結構大きめの音が聞こえてきます。
約10分間の放置後、一旦キーをOFFにして、エンジンをかけ、アイドリングなどが不安定でないか確認します。
アイドリングしている間に、パワーウィンドーの機能回復作業をします。バッテリーのターミナルを外すと、パワーウィンドーがスイッチを押し込んでも自動で、全開/全閉できなくなるのです。
パワーウィンドースイッチを軽く押し続けて(押し込まない)、ウィンドーを一度全開にします。それからすぐにまた同様に全閉し、そのままスイッチを軽く2秒以上押し続けます。
この操作をすべてのウィンドーで行います。これでスイッチを押し込んだときの自動全開/全閉機能が回復します。
ここまで終わったら、ゆっくりと走り出し、適当な場所で、アクセルを踏み込み、症状が直っているか確認します。

■エアマス交換の効果/インプレッション
一気にアクセルを踏んでも6000rpm手前で自動でシフトアップしていきます。これが当たり前だ。今までのように回転あがれど速度上がらず、のような感じがありません。実に気持ちの良い加速です。実に素晴らしい加速感です。これがメルセデスのV6だったんですね。

■参考:交換までトライ&エラー
 -エアマスの洗浄失敗1~症状変わらず(2009.12.16)
 -エアマスの洗浄失敗2~洗浄では直らない(2009.12.17)
 -エアマス交換でATシフト不調、完治!(2009.12.20)

|

« 2010 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 2010年車検報告 (37,257km) »

W202(後期)の整備・故障・修理」カテゴリの記事

コメント

>DANさん

コメントありがとうございます。
私の記事が、S210の症状の参考になったとのことで、大変嬉しく思います。
今後も出来るだけ、詳細に記録をしていくつもりですので、また寄っていってください。

投稿: TOS | 2016.06.14 19:09

S210乗りですが、
数か月前からミッションの不具合を感じており、
どうしようか色々と悩んでいたところ、エアマス不良が浮かび色々と調べていました。
交換の際、参考になりました。
こういったことを記録していただけると助かります。

投稿: DAN | 2016.06.11 14:39

> yumeさん

はじめまして、こんにちわ!

ご不便なことになっていますね。残念ながら私には知識がないのですが、一般的にその症状だと、パワーウィンドーなどのECUが不調ってことになるかと思います。
あるいは、バッテリーが弱っているってことはないですか?

投稿: TOS | 2012.08.26 16:11

すいません!御尋ねです。平成10年式C240ですが、突然運転席・助手席のパワーウインドウと助手席側のドアミラーが作動しなくなり、試しにバッテリーのマイナス端子を外してみたら動いたのですが、頻繁に作動しなくなり、その都度端子を外していますが、何処が悪いのでしょうか!?
一度シフト周りのPWスイッチ類は交換しましたが症状が変わりませんでした・・・

どうか、良いアドバイスをお願い致します!

投稿: yume | 2012.08.26 12:18

旧サイトで頂いたコメントを、貴重な記録、証言として、残します。

------------------------------------------

>nashさん

そうですか、やっぱり安すぎてもだめなんですね。でも私も安いのをよく手を出すので、勉強になりました。
今後も、情報があれば、ぜひ、教えてください。

投稿: TOS | 2012.04.05 20:38

TOSさんごめんなさい、名前を間違えてしまいました。m(_ _)m

投稿: nash | 2012.04.01 19:12

先日、大阪より伊勢市に向かいいざ帰途に着こうとしたときに、とうとう燃料ポンプがストップしてしまいました。
極端に安価な部品はやはりだめみたいですね。
10分の1は無茶でした。
これで、ひどい脈動音とおさらば出来れば良しとしましょう。

投稿: TOSさん | 2012.04.01 19:08

>nashさん

はじめまして!
いろいろやってますねー!ブロアファンまでDIYですか?すごいですね。

燃料ポンプですが、私はとんとわかりません。
ただシトロエンの例でいうと、ヤフオクのほかに、ヤフーショッピングや、楽天なんかに安くていいのがあったりしますよ。

投稿: TOS | 2012.03.27 22:43

当方C240、140000km。昨年エアフロとブロアファンをネットで購入し、DIYで交換。で、先週とうとうワイパーモター沈没。純正品に交換(さすがに自分では無理)。今度は燃料ポンプがストップし、ネットで探すとなんと6000円!10分の1でした。ところが動作音がひどく、交換してもらいました。でも、やはり、同じでした。静かでお安い燃料ポンプご存じないでしょうか?

投稿: nash | 2012.03.25 18:15

>帯椀蹴伸び さん

エコ運転を心がけたにしてもタンク1/2になったのが450kmはすごいですね。
うちは、ベンツでは遠出も高速も最近ではまったく走らないので、もったいないことです。
ETCを付けたらもっと走ることになると思うのですが。


投稿: TOS | 2011.08.27 17:51

TOS様

6km/Lですか…ちょっと青ざめる数字ですね。

高速メインだったから、ということもありますが、自分が気をつけたのは;

1. 100km/hくらいの巡航を心がける
2. 回転数は2000以上にしない
3. タイヤ空気圧は高め
4. エンジンオイルを帰省直前に交換した
5. 人間以外の荷物は20kg程度

という「なーんだ」感のあふれる対策(?)です…。

それでも大阪ー神戸間では小一時間の渋滞も経験しての数字ですので、W202君も本来はスジのいい中堅ファミリー向けベンツなのだと思いました。

横浜でギチギチ満タンにして、タンク1/2になったのが450km走破時点だったのですが、さすがに燃料計が壊れたかと思いました…

オチもあって、帰りにはコメ90kgを満載して帰ってきたのですが、さすがに12km/Lに届くか届かないか、というようなパフォーマンスでした。
機械は正直ですね。

投稿: 帯椀蹴伸び | 2011.08.22 13:18

>帯椀蹴伸び さん

燃費、すっごいですねぇ。高速ではそんなに伸びましたか。
いいですね。うちは、最近、燃費がめちゃくちゃ悪くて、普段、毎日2~3kmくらいしか走らないからかもしれないですが、6km/リッターくらいになってます。前は6.5くらいいってたので、O2センサーか何かが悪いのかな、と思ってます。
どなたがいいヒントがあれば、教えてください!

投稿: TOS | 2011.08.21 14:04

TOS様
ご返信ありがとうございます。ちょっと後日談的に報告します。

横浜から岡山地方まで帰省したのですが、計750㎞を走破したのに、タンク1/4+αの燃料を残すほど、燃費が改善していました。今までは岡山手前で残油警告灯が点灯、高速降りて最初のGSで給油、みたいなパターンでした。

満タン法なので参考値ですが、リッター13.5㎞くらいいったのは今回が初めてで、改めてエアマス交換の威力に驚いています。ありがとうございました。

投稿: 帯椀蹴伸び | 2011.08.19 11:25

>帯椀蹴伸びさん

はじめまして!
交換での完治?おめでとうございます。

エアマスってなんであんなものが消耗品なんでしょうねー。まったく理解できないです。そこが国産車と違うっていうか。物理的に壊れているわけでもなさそうなんですけどね。

ともかく、帰省に間に合ったようで、よかったです!

最近、記事もあまりアップしてませんが、今後ともよろしくお願いします。

投稿: TOS | 2011.08.07 22:08

こんにちは。
ちょくちょくROMらせていただいていましたが、
本日自分の98年式C240のエアマスセンサも交換しました。

1気筒死亡っぽい動きが目立ってきていたのですが、エンジン再始動で消えていたので、だましだまし乗っていました。
ですが、先月、3000回転以上に吹け上がらない症状が出て、帰省前になんとかせねば、で交換に踏み切りました。

結果はみなさんと同じで、今までクルマ関係に費やしたどの投資より効果がありました。

自分の場合、中古で入手してからずっと無交換だったので、こんな乗り味のクルマ、と勝手に思っていましたが、まったくの誤解でした。過去の2年くらいをさかのぼって自分に教えてやりたいです…。

今の問題は昔の状態で覚えてしまったアクセルの加減だと、明らかに踏みすぎになることです…。普通の土を歩いている状態から、スケートしている感じような感じに変わってしまったので、ちょっと怖いです。


投稿: 帯椀蹴伸び | 2011.08.05 09:51

>k147さん

お久しぶりです!

報告は、気分が乗るとガンガンできるんですけれど、最近、めっちゃくちゃ忙しくて、週に3日くらい神奈川・東京あたりに出張です。今週は明日と金曜。来週は月火と・・・。全然、ブログ更新できてなくてすみません。
ATF交換しましたか!
確かにリスクありますね。うちはまだ3万キロ代ですが、年数は経ってるのでちょっと気になるところです。
あ、そうそう、先日、1万キロぶりくらいにエンジンオイル交換をしました。またアップします。

O2センサーは消耗品ですかねぇ、シトロエンでも消耗品に近かった。

投稿: TOS | 2010.03.01 21:58

>HIROさん

私もW202の高級感には心底しびれてます。豪華というのとはまた違う、高級な感じですよね。すべてが重厚でがっちりとしていて、しっとりとしていて、重い。
メルセデスとロレックス、へーベルハウスってのは似てると私も思っています。


投稿: TOS | 2010.03.01 21:53

お久しぶりです。
k147です。

TOSさんのマメな報告には脱帽します^^
私には出来ません。

ウチのC240は、エアマス交換2ヶ月後、フロア下部後方から、『ボオーッ』と言うようなホラ貝を吹いているような音が出るようになりました。
エアマス交換したから出るようになったかどうかは分かりませんが、電子制御5速ATのM112エンジンでは、たまにこの症状が出るみたいです。
(「ベンツ ほら貝音」でググると出てきます。)

色々調べた結果、走行距離5万キロ間近、10年目目前で現在まで未交換、多少のリスクはあるんですが、ATF交換に踏み切りました。
この際、ついでだからって事で、O2センサー(2個)、クランク角センサー、デフオイルも交換しちゃいました。
作業はベンツの診断機を持ってる町工場でしてもらいました(部品は持込で)。

ちなみに診断機では異常なしの状態でした。

結果は、
・異音(ほら貝音)が出なくなりました。
・エンジン回転数が大きく下がりました。街中で2千回転以上回さなくても良くなりました。
(通常走行において、300~500回転くらいは下がってます。)

・シフトショックが激減しました(特に1~2速)。

そんな感じで、一度に色々交換してしまったので、何が効果があったのか、良く分からないのですが^^;、おそらく、
・異音解消 →ATF交換
・シフトフィール →ATF交換、O2センサー交換
・エンジン回転数 →O2センサー交換(ATFの効果もあるかも?)

が効果があったんじゃないかな~って思っています。
クランク角センサーは単なる予防整備ですが、もしかしたら何らかの効果があったのかもしれません。

というわけで、ウチの車、ますます快調になりました^^
ご参考までに。

投稿: k147 | 2010.02.25 10:32

すみません。TOSさんを
TOSHIさんと書いてしまいました。

投稿: HIRO | 2010.02.23 22:06

TOSHIさん、しばらくぶりになりまして
ちょっと家の事でバタバタしてまして遅くなりすみませんでした。
確かに最近はW202型少なくなりましたね、新しい型のCクラスや全ての型のメルセデスも時代の流れか新しい車変わりしていますね。自分は今のW202の味が大好きでコンパクトながら高級感は満足度あり、普段乗りから高速走行など全てに、おいて劣らないと自負しております!今日も高速で、18○㌔オーバーしても、不安感無しでした(笑)
手を入れてやれば何年でも部品配給ありますし、新車に近い状態になるのが、メルセデスですからね!時計の王道ロレックスとメルセデスは似てる気がします。又落ち着いたら、整備の状態や状況などコメントいれます。

投稿: HIRO | 2010.02.23 22:04

>HIROさん

W202も街で見かける頻度が減ってきてますけれども、まだまだしっかりしていてとってもデザインもそんなに古いと思わないですし、ベーシックでスタンダードでそれでいてある種の迫力もあるし、なにより車自体がしっかりしてますね。
私もまだまだ乗り続けるつもりです。
これからも情報交換ぜひよろしくお願いします。

投稿: TOS | 2010.01.31 00:44

TOSさん、コメントありがとうございます。
自分は自分なりに今できるW202の生活を送ってます。
まだまだW202を、こよなく愛し?愛車として乗り続けている皆さんは、どんな事をされてるのかとか、足回りやライトをHIDじゃなくハロゲンなら何がいいとか色々な交流できたら、最高ですよね。


投稿: HIRO | 2010.01.28 17:06

>HIROさん

エアマスはやっぱり消耗品と割り切って定期交換がいいのかもしれないですね。やっぱり5年くらいですか。
まぁ、5年なら許せますね。
DIY情報だけでなく、やっぱり自分でできないことも多いですから、整備工場での情報、ぜひ、お寄せください!

投稿: TOS | 2010.01.24 22:48

TOSさん、はじめまして
最初はインジケーターのリセット方法で、このサイトを知り、エアコンのフィルター交換など色々参考にさしておりました。
エアフロは普通乗るのには問題なく、但し少し変だなって思う時や今日はギヤがあがらないな〜など、自分なりに電子制御だから昔に比べたら違うのかなって諦めてました。
昔はW124やW126など乗ってたんですが、こんな事は、全く無く、自分でも不思議でした。
知り合いの修理工場に、聞いたら距離関係なく5年で変える消耗品だって(汗)
今回はオートマの洩れに燃料ドレンの洩れ直すついでにエンジンマウントにミッションマウント交換など、頼んで昨日返ってきて、乗った感想は全く今までとは違うメルセデスそのものでした。メルセデスは消耗部品替えれば新車に近い乗り味になると言われてます。実感しながら、まだまだ、長い付き合いなりそうです。自分は足回りだけでも3回ショックからバネ換えてホイールタイヤセットも3セット目(汗)ブレーキローターやパットも換えては、楽しんでます。
又、今回のエンジンマウント交換ミッションマウント交換ブレーキローターにパット足回りなど、値段と工賃参考にでも、載せますので…これから宜しくお願いします。

投稿: HIRO | 2010.01.23 14:50

>HIROさん

はじめまして。
コメントありがとうございます!!
そうですか、HIROさんも成功したんですねー。おめでとうございます!!
エアマスってこんなにトラブルものなんですね。国産車だとあんまり聞かないし、私自身そういうことになったことがないんだけど、なんでこんなことになるんでしょうね。せめて、寿命間近に警告灯などが出て欲しいですよね。
その他、情報頂きまして、ありがとうございます。情報交換の場としても使っていただければと思います。
これからもよろしくです!

投稿: TOS | 2010.01.23 14:18

ちなみに自分の場合は知り合いの業者さんにエアフロいれてもらった為
金額は63000円でした。
前に他の部品をネット購入したら届かなかったり、偽物きたりで大変だったので…(汗)
今はオートマの集中カプラーからの洩れに燃料タンクのドレンからの燃料洩れ発見(汗)
修理に入ってます。
後期のタイプのオートマは電子制御の為、中の集中カプラーがダメになるそうです。皆さんも気をつけてください。

投稿: HIRO | 2010.01.22 15:43

はじめまして!自分も2年前から1999年式C200に乗りまして、このサイトは隠れファンで色々参考にさして頂いてました。
特にエアフロに関しては半信半疑ながら、交換に踏み切りまして、今までの時々おかしな変速が夢のような激変して、お礼がてらコメント入れさせてもらいました。ありがとうございます。

投稿: HIRO | 2010.01.21 17:26

こんにちわ。はじめまして。

同じ症状が完治しましたか!
おめでとうございます!!!
良かったです。こういうコメントを寄せていただけると、私もこのブログやり甲斐があります。
自己満足でやってるわけではないので、誰かのお役に立ててナンボですからね。
本当、おめでとうございます。私も直ったときは飛び上がるくらいうれしかったです。


投稿: TOS | 2010.01.18 22:40

はじめまして、C240ワゴンに乗っています。
楽しく拝見させていただいています。
私の車両も以前からAT不調で悩まされAT故障と修理を断念していました、でも今回の記事を拝見して私の車両に似ている症状と思い、エアマス交換に至りました、交換手順も購入店もご参考にさせていただき、まるで今までとは違う走りに激変して完治しました、本当に参考になり感謝しています。車を手放す事を考えていましたが、まだまだ乗り続けていこうと思います。

投稿: | 2010.01.18 15:32

>ガリさん

褒めてもらってありがとうございます。
苦労をわかっていただけるのが嬉しい。
そうなんですよね、写真は1カットで最低2枚、多いと5枚は撮ります。撮った後は、写真の選定、明るさやコントラスト、サイズの調整。
その後記事のコンセプトと口調、構成の検討。それから編集。編集途中では、ガリさんのおっしゃるとおり、ネットで追加調査、確認調査などありますねぇ。確かに。

でも、仕事じゃないので、苦労だとは思ってないんですよ。楽しいですよ、案外。書くのが好きなんでしょうね。それと、仕事柄、企画書をめちゃくちゃたくさん書きますので、書くスピードも普通の人よりはたぶん速いと思います。ただし、書き出すとね。書き出す前、気分が乗らないと、なっかなか書けないんですよねぇ。更新が滞るときは、ネタがないのもあるんですが、気分が乗らない方が多いかも^_^;
この記事は、書き始めて、5時間以上かかりました。実は途中で保存を失敗し、3時間以上失敗したので、ほんとは8時間以上かかってるんですけどね(^^ゞ
見てくれる人がいたら、伝えたくなる。ガリさんのように褒めてくれる人がいたら、うれしくなる。単純な人間です。

投稿: TOS | 2010.01.16 23:19

TOSさんマメですねぇ~!

いや~、本当に脱帽ですよ、よくやりましたね。
私もDIY整備やっているから判りますが、
コレだけの画像を撮りながらの整備は大変ですね。
しかも1つの部分に1枚だけ撮るワケじゃないし、
何枚も角度を変えて撮ったりしますね。
しかも自分の知識が間違ってないか?確認したりと
色々と手間がかかったと思いますよ。

こんなに詳細をレポートされたのですから
今以上にお客さんが来ますよ!

投稿: ガリ | 2010.01.16 17:01

satoakiさん

まぁ、べロッと行くまで我慢ってのはあるかもしれないですね。どうせ張り替えるおつもりなら、注射器で接着剤注入でしばらく留めておくってのもありかもしれないですよ。

投稿: TOS | 2010.01.13 23:02

んん~。

素晴らしい。

私はまだその心配はなさそうな、、、。

愛車の屋根裏修理は、未定。

ベロットいくまで辛抱しようかな?
しかし、安全は確保しないとね。

5万円の捻出方法を思案中。

投稿: TOS | 2012.05.20 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 2010年車検報告 (37,257km) »