« Cadillac CTS 3.6 Premium Sedanの2daysモニター報告 | トップページ | LEXUS 5大都市試乗ツアーで、LEXUSとベンツ乗り較べ♪~待合編 »

2010.07.11

グローブ・ボックス照明の常時点灯対策~完結編

グローブボックス照明が点きっぱなしになっている対策を打ったのですが、Qちゃんから、その方法ではなくて、蓋の調整がずれているのではないか?というアドバイスを頂いてました。
しばらくすると、対策を打ったはずなのに、また点灯しているようでしたので、アドバイスに従うことにしました。
グローブボックスを開けた両脇にあるこのねじを廻して、蓋の納まり(深さ)を調整するようです。ねじを左に廻すとねじが出っ張ってきて、照明のスイッチが浅く押され、右に廻すとねじが引っ込み、照明のスイッチが深く押されるようになります。
アップで見るとこんな感じです。
ゴムのキャップがついています。これは蓋がガタついたときのショックを抑える役割だと思われます。
左右に廻して、蓋を何度も閉めたり開けたりして、グローブボックス内の照明が点灯しないでかつきちんとがたつかないようなポイントを試行錯誤で調整していきます。
右側も同様に調整します。
これは、キャップを外した状態。ちなみに、よくできていてキャップははめたままねじは廻せます。
ぴったりいきました。
きれいに収まります。
Qちゃん、ありがとうございました。

|

« Cadillac CTS 3.6 Premium Sedanの2daysモニター報告 | トップページ | LEXUS 5大都市試乗ツアーで、LEXUSとベンツ乗り較べ♪~待合編 »

W202(後期)の整備・故障・修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cadillac CTS 3.6 Premium Sedanの2daysモニター報告 | トップページ | LEXUS 5大都市試乗ツアーで、LEXUSとベンツ乗り較べ♪~待合編 »