« Mercedes-Benz Connectionでお茶しました | トップページ | ワイパーブレードを国産品に交換しました »

2011.10.02

Mercedes-Benz Connectionでアロマ・ディフューザーを買いました

9月15日にまた、六本木のMercedes-Benz Connectionに行きました。
今度は、ランチをしようと思っていたのですが、どうしてもバーガーキングが一度食べたくなり、六本木のバーキンへ行ってしまったので、今回もお茶をしてきました。
Upstairsと呼ばれる2Fのランチ席は、窓際のいいところは、ほとんどいっぱいのようなので、ちょうど良かったかもしれません。
Downstairsと呼ばれる1Fのカフェは、この六本木のど真ん中にあって、相変わらず人がそれほどいなくて、ゆったりと静かに過ごせるのが魅力です。

この日、ディスプレーされていた車は、なんと、SLRマクラーレン!7000万円ですよ。



それまで興味なかったんだけど、実際に目の当たりにすると、すごい迫力。内装なんか、すっごくシンプルで豪華さはないんだけれど、外観からは、只者ならぬという迫力が伝わってきます。


次に目を引くのは、やはり前回もその悪さ加減に魅了されたCLS63AMG。クール!
このLEDヘッドライトのクールさ。めちゃくちゃカッコイイです。
そして、前回は気づかなかったんですが、PS3とコラボしているようで、このようにグランツーリズモが楽しめるシートが3つほどあります。


今回の本題は、メルセデス・グッズです。
元来、グッズにはほとんど興味がない私なんですが、時間もあることだし、せっかくなので、グッズコーナーをじっくりと見てみました。どれも価格帯は高めです。
携帯ストラップとか、キーホルダーなんかにあまり興味がない私の目に止まったのは、アロマ・ディフューザーです。

まず、これは、USBタイプ。でも仕事中にアロマの匂いさせてたら、周りに迷惑だしなぁ。家でもどうかな。書斎で仕事をするようなタイプじゃないし。
その隣にあったのが、車のシガー・ソケットにいれるタイプのアロマ・ディフューザー。以前から、アロマ・ディフューザーに興味があって、キャディラックのものとか、安いし、いいかなと。

このメルセデスのものは、3,780円するのですが、見た目もかっこいいので、買ってみることにしました。正式名は、メルセデス・ベンツ アロマドライビング 。香りは3種類選択できます。
ジャスミンシャワー、ホワイトグレープフルーツ、グリーンハーブ。今回は、ホワイトグレープフルーツを選びました。
これは「グレープフルーツ、ペパーミント、スペアミントなどをブレンドしたソフトで気持ちの良い香り」だそうです。




本体はレザー張り、だそうですが、あまりレザーという感じはしません。ホームページのカタログ見て初めて知りました。
そして、メルセデスマークはカッコイイ。


付属のエッセンシャルオイルには、部品番号までついてます。
B9 120 3095
さすが、正規もの。


先端部を引き出すと、パッドが出てきて、この上に、数滴、オイルを垂らして、装着します。


さっそく使ってみます。シガー・ソケットにコク、コクッと2段階クリック感があり、奥にカチッと収まります。
実は、シトロエンXmの方で先に試したのですが、その話は、あばん・ぎゃるどの方で後日書きたいと思います。


スイッチが強弱2段階になっていて、弱でホワイト(左)、強でブルー(右)に光るようになっています。
なかなか、凝った作りです。キャディラックのものより840円高いだけのことはあります。

肝心の香りですが、それほどプンプンと匂ってくる感じではなく、ほんのり・・・って感じですね。強弱それほどの違いが感じられません。でも、いい香りです。リラックスできます。
ただ、難点はいくつかあります。
まず、灰皿を開けっぱなしにしてないと装着できないので、見た目が悪いですね。アクセサリーソケットを外付けするといいなと思いました。
次に、案外すぐに揮発してしまうので、1日~2日で数滴つづ使ってしまいます。
最後に、イルミネーションがホワイトだと光が強すぎて、夜間だと気になっちゃいますね。
でも、全体としては、とても気に入りました。

純正じゃないものであれば、Amazonにいいのが安くていいのが売っています。こちらの製品は、ベンツの純正に採用されているものと同じものです。
オイル付き オイルなし 廉価版オイルなし

|

« Mercedes-Benz Connectionでお茶しました | トップページ | ワイパーブレードを国産品に交換しました »

W202(後期)の整備・故障・修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mercedes-Benz Connectionでお茶しました | トップページ | ワイパーブレードを国産品に交換しました »