« Mercedes-Benz Connectionでアロマ・ディフューザーを買いました | トップページ | フォグランプ球を交換しました »

2011.12.04

ワイパーブレードを国産品に交換しました

 ワイパー・ゴムの国産化ゴムをBOSCHのものにしたりしていましたが、加工するのが面倒だったり、入手しにくかったりで、イマイチな対策でした。

 実は、1年半ほど前にシトロエンXmのワイパーを今や新車では標準とも言えるエアロワイパーに交換していました。そのとき、同時にこのW202用のエアロワイパーも入手していたんです(写真右)。
 ですが、これがまたいろいろと具合が悪くて、レポートしようとしてたんですが、いまだにしてなくて今に至っていました。
 Cには無理矢理、装着していたんですが、ゴムが傷んできたので、ゴムだけ交換することに挑戦したけれど、それもうまくいきませんでした。
 そこで、替えゴムがすぐに手に入るように、ブレードごと国産品に交換することにしました。
 オートバックスに行くとずいぶんいろんなワイパーが並んでいます。エアロワイパーもいくつかのブランドのものが並んでいます。BOSH以外はブレード圧が低圧の国産車専用に設計されているようです。BOSH以外のエアロワイパーは替えゴムも売っていて、いいのですが、BOSHのものは替えゴムが売っていません。悩みましたが、エアロワイパーじゃない普通のブレードにすることにしました。



買ったのは、オートバックスブランのビビリが少ないグラファイトコート U60G 2,050円。安いです。
長さは600mmです。

W202純正ワイパーは、620mmなのですが、このブレードは、600mmの次が650mmになるので、仕方なく600mmを選びました。

装着していた具合の悪いエアロワイパーも実は600mmでしたので、長さ的には600mmでまったく問題はなかったので、悩みませんでした。

これだと、替えゴムがいつでも入手できるっていうメリットがあります。

特段、見た目、変わったところはありません。フツーのブレードです。

ブレード装着方法は簡単です。U時フックを説明書のとおり、挿し込むだけです。
ですが、車体側U字フックの穴に、ブレードの爪がカチッと入らない。フックの穴の位置とブレードの穴の位置がうまく合わないようです。
摩擦力が結構強いので、遠心力もあるし外れる方向に力はかからないので、まぁ、大丈夫でしょう
綺麗に収まりました。
長さですが、600mmで十分です。

それどころか、これ以上長いと、問題がありそうです。

で、ウォッシャー液をかけてワイパーをつけるといい感じです。

フックの爪については、オートバックスにアダプターが売っているようなので、探してみようと思います。

|

« Mercedes-Benz Connectionでアロマ・ディフューザーを買いました | トップページ | フォグランプ球を交換しました »

W202(後期)の整備・故障・修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mercedes-Benz Connectionでアロマ・ディフューザーを買いました | トップページ | フォグランプ球を交換しました »