« 記事予告~ポジション球LED化、HID6000K化、ストップランプ球の交換 | トップページ | W203のキセンノン(HID)バルブの6000K化(Philips 85122WX) »

2012.07.28

W203のポジション球のLED化の失敗と成功

C230コンプレッサー・アバンギャルド(W203)のポジション球がハロゲンで、赤茶色く古臭く感じていました。

(右写真は成功した様子)

そこで、W202でポジション球をLED化していたので、それをW203に装着しようと考えました。W202を売却するとき、LEDを外してオリジナル球に付け替えておいたからです。
もちろん、このLEDはキャンセラー付きですから、球切れ警告灯は点きません。



まずは、W203のポジション球の位置を確認します。

W203は年式やグレードによって、4種類のヘッドライトユニットがあるようです。
1)カットレンズ+ハロゲン
2)カットレンズ+キセノン
3)クリスタルレンズ+ハロゲン
4)クリスタルレンズ+プロジェクター+キセノン

2004年6月以降の後期型の多くは、4)のタイプになるようです。
私のも4)です。
以下、4)のタイプのヘッドライトを前提に話をしますね。

4)の場合、上の写真の青矢印のように、内側ヘッドライトユニットの下が、ポジション球になります。ちなみに、その上は内側のハイビーム用ハロゲンです。


ボンネットを開けます。運転席のダッシュボード下の赤いレバーを引くと、フロント・グリルからメルセデス特有の黒いレバーが顔を出すので、これをグッと引くと、ガクンと音がしてラッチが外れますので、ボンネットを開けます。


ライトユニット裏側の蓋を外します。外すには、右写真の矢印部を押して、外します。これは簡単。


蓋はこんな感じになってます。


狙いのポジション球はW202とまったく同じ茶色のホルダーに刺さっています。これは引っ張って外すのですが・・・。
初めて外すときは、指では硬くてまず外れません。クリアランスが狭いから指が入りにくく、その上、しっかりと目視できません。こうやってデジカメで位置を確認してから作業すると楽かもしれません。


ハイビームのコネクタ(矢印)を外してクリアランスを確保した方がやりやすいようです。


W202のとき同様、やっぱり指では硬くて無理です。ラジオペンチで挟んで引っ張ります。このとき、ラジオペンチの先端に溝がついているタイプでないと、滑ってうまく挟めませんでした。
ラジオペンチで茶色のホルダーを挟んだら、回転させずに、そのまま真っ直ぐ引っ張ります。



外れたら、W202のときに装着していたポジション球と入れ替えます。


そして、点灯テストです。でも、点灯しません。あら、プラスマイナスが逆だったか・・・。LEDは電球と違って、プラスとマイナスがあるんですが、表示がないので、点灯しなかったら、一度LEDを抜いて、180度回転させて、挿し込みます。
がしかーーーし!
点灯しません・・・。インパネにはコショウガ1の表示が・・・。
もしかして、壊れているのかもしれないと思って、もうひとつのLEDに交換してみましたが、やっぱりダメ。

あらら・・・、W202では点灯したのものが、W203では点灯しないなんて・・・。そんなこともあるんですねぇ。

そこで、W203に合うポジションLEDを探すことにしました。
ヤフオクを見ると、ポジションLEDはあまりに種類が多すぎて、どれがいいのかなかなかわかりません。

私は、次の条件のものを探しました。
1)あまり高価じゃないもの
2)キャンセラー付きのもの
3)前面より側面にLEDが多いもの
4)3chip SMDが5連以上のもの

そして選んだものが、

SMD5R T10キャンセラー内蔵5連 ベンツ A/B/E/M ポジション球等
470円/個×2個+160円(送料) = 1100円
と格安です。


今度はバッチリ点灯しました。


左写真は、片方だけ交換してみた様子です。右は両方。
いい感じの色合いです。色温度は高めで7000Kくらいあるでしょうか。今度は成功ですね。


オリジナル球と、アップで見比べてみると色温度の違いがよくわかります。


夜になり、ヘッドライトと同時に点灯してみて、実際の感じを見てみました。こうなると、純正キセノン(HID)との色温度の違いというのが気になってきますねー。

今度は、純正HIDのバーナーを交換ネタをご報告します!

|

« 記事予告~ポジション球LED化、HID6000K化、ストップランプ球の交換 | トップページ | W203のキセンノン(HID)バルブの6000K化(Philips 85122WX) »

W203(後期)の整備・故障・修理」カテゴリの記事

コメント

>タカケンさん

はじめまして、こんにちわ!
ポジション球LED化、成功おめでとうございます。

そうですよね、あそこは、ちょっとクリアランスがないですよね。なんとか、なってよかったです!
これからもよろしくお願いします。

投稿: TOS | 2013.07.21 01:05

W203のポジション球のLED化の失敗と成功を参考にして、自分でも交換してみました。右側が手が入りにくく苦戦しましたが、何とか交換できました。ありがとうございました。

投稿: タカケン | 2013.07.20 19:57

> Susan さん

はじめまして!いつもごらん頂ありがとうございます。

ポジション球成功、おめでとうございます。
情報がお役に立てたようで私もうれしいです。
これからもよろしくお願いします!

投稿: TOS | 2012.09.01 17:06

はじめまして、楽しく拝見させて頂いております。今回の記事を参考にさせてもらい同じLEDポジションランプを購入し交換してみましたが、問題なく点灯しエラーも無く喜んでおります。ありがとうございます。

投稿: Susan | 2012.08.30 22:24

> GPKさん

ポジション球は点灯するのに、ヘッドライトを点灯させるとコショウガ1に、なっちゃうものなんですね。

一発で成功するLEDを探すのも難しいので、実績があるのをネットで探すしかないですかね。
GPKさんのブログや今回の私の記事などが、お役に立てるといいですね!

投稿: TOS | 2012.07.29 00:29

私の買ったLEDポジション球もそれだけ(車幅灯だけ)点けるとOKなんですが、
キセノンと一緒に点けると、文言は失念しましたがコショウ表示が出ました。
抵抗を並列接続したタイプではなかったので、電流量が少なくて断線と
判断されたのかもしれません。
でも、点くには点いてました。TOSさんの場合と違いますね。

私が取った対策は、某HPで言われていたRelayのコイルを並列に接続する方法です。
熱は発生しますが、Relayそのものに熱容量があるので、放熱器を付けるのと
同じ効果。そして、リード線で引き伸ばせばRelayの場所をLEDから離せるという
ことが利点まもしれません。

Relayは昔のジャンクを探して見つけました。
電子部品屋さんが近くにないので、困ります。
weep

投稿: GPK | 2012.07.28 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記事予告~ポジション球LED化、HID6000K化、ストップランプ球の交換 | トップページ | W203のキセンノン(HID)バルブの6000K化(Philips 85122WX) »