« W203のサイドスカートに穴が開きました | トップページ | Audi A6 2.8 FSI quattro インプレッション~デザイン編 »

2012.08.19

W203(後期型)のインプレッション~第一印象編

2005年式メルセデス・ベンツ C230コンプレッサー・アバンギャルド(W203後期型)を購入して、3ヶ月になろうとしています。



そろそろ、みなさまご期待の?W202(C240)との比較インプレッションを書きたいと思います。
これから、何回かに分けて、W203はこういう車だっていうことを私の感じた印象をお伝えしていきたいと思います。
初回の今回は、第一印象編と題しますが、毎回テーマを決めるわけではなく、そのときそのとき感じたこと、思いついたことをレポートしていくつもりです。



見た目はめちゃくちゃカッコいい
ドリームオートさんで探してもらったワンオーナーのW203後期型は、第一印象、めっちゃカッコえ~♪ でした。
このW203は、私は、すごく欲しいと思って買ったわけでは実はなく、W202があまりに良かったので、W203はもっといいだろう、そういう期待で買った要素が大きくて、私にしては形がめちゃくちゃ気に入って買ったわけではなかったモデルです。形から入る私としては、これは珍しいケースで、1992年に新車で買ったシトロエンZX1.6 Club以来となります。

ですが、実車を目の当たりにすると、すごくカッコいい!そう感じました。内外装も新しく、デザインもいいです。バイキセンノンのヘッドライトも迫力でかなり気に入りました。




すべてが軽くなっている (W202比)
アクセル・フィール
インテリアのインプレッションは、次回以降に廻すとして、いつも初めての車は恐る恐るアクセルを踏みます。
「あ、軽い・・・」アクセルが軽いんですよ。W202を最初に乗ったときものすごく驚いたあの重さが、ないです。普通に、いや、普通の車よりはそれでもまだ重いと思いますが、軽いんです。
あの踏んでも踏んでも動き出さないっていうのじゃないんですよ。重いというのは語弊があるな、少し踏んでも車が動き出さないといった方が正しい。決して、アクセルの反発力が高過ぎるというのじゃない。あのメルセデスらしいあの感覚がなくなっています。
これは少しショックでしたね。私はW202のアクセル・フィールっていうのは、ものすごく好きで、今まで乗った車の中で一番好ましいフィールでした。
ブレーキ・フィール
ブレーキは、これはW202とそれほど変わった感じはしません。若干カックンブレーキ気味のフィールがあるかもしれないですが、依然として好ましいフィールです。
エンジン・フィール
エンジンは、すっごくいいです。私の乗っていた1995年式C240(W202後期)のV6 SOHC 2400c.c. に比べて、すっごく軽く吹け上がります。踏んだら間髪いれずに回転が立ち上がり、ものすごく軽く回って、かなりの加速をしていきます。気持ちがいいー♪ とても1.8リッターの排気量とは思えない。車名についているコンプレッサーの謂れのスーパーチャージャーがいい仕事してますね。
シトロエンXmのV6よりもずっと軽くもっと加速がいい。
さすが191ps、26.5kgmだけあります。車体が1500kgジャストでこれだけのパワーとトルクだと、十分過ぎますね。
ちょっと一般道ではとてもフルスロットルは踏めません。90%くらい開けて数秒でヤバい速度になります。
音も静かだと思いますよ。踏み込んだときの音はW202のV6よりうるさくないですね。
ただし、普段の走行は、W202の方が音が静かでした。静かっていうのかな、上品でしたね、あっちの方が。
C230コンプレッサー・アバンギャルドは、低音が少し響きます。心臓に来るっていうか、上品ではないです。ただ、わずかですよ、わずか。振動がわずかにある。その点V6は滑らかですね。
ステアリング・フィール
ステアリングは、クイックですね。W203になって、W202からステアリングギア比が変更になっているらしく、どれだけなのかわかりませんが、確かにクイックです。
これは、私にとってはあまり好ましいものではありません。メルセデスらしい落ち着いたフィールではなくなってしまいました。
特に、高速走行したときに、高速カーブで少し曲がりすぎるというか、軽いというものあって、操作に気を使います。
この点は、W202の方が良かったですね。
そして、パワステのサポート量もW202より強めになっています。だから、軽いです。あの重さはないです。ただし、それでも普通の車よりは重めだと思います。
さらに、ステアリング径が、小さくなっている?のかなって思います。計ってないのでわからないのですが、小さく感じます。
W202とどちらが好きかと言えば、私はあのボールリサーキュレーティング式のW202がいいですね。普通のラックアンドピニオンになってしまったW203が、W202よりすごく悪いということは、私のような素人には決して感じられませんが、それでもあのしっとりと重い大きなステアリングが好きでした。

さて、次回は、もう少し踏み込んでW202との違い、コストダウンがより進んだと言われる所以を、私なりに感じた点でレポートしてみたいと思います。
インテリアやATなどについても言及していきます。

|

« W203のサイドスカートに穴が開きました | トップページ | Audi A6 2.8 FSI quattro インプレッション~デザイン編 »

W203のインプレッション」カテゴリの記事

コメント

> サルトルさん

奥様、W203でもそう感じさせるくらいそのとおりだと思います。
W202に比較すると軽くなっていると思いますが、それでも普通の車より重いですよね。

投稿: TOS | 2012.08.26 16:09

> GPKさん

感じ方が同じで、ちょっとほっとしています。
これから、もっと詳しく書いていきたいと思います!

投稿: TOS | 2012.08.26 16:08

楽しみに待っていました(゚▽゚*)

うちの嫁も今回試乗してインプレを述べていましたので書いておきます。

1.アクセル踏んでも進めへんから壊れてるんちゃう?と思った。

2.ハンドルが重い。

とこの2点でした。

自分の意思をハッキリさせないと動かないんだよ。と言ってみたところ、勝手にしてと冷たい返事でした。

投稿: サルトル | 2012.08.22 16:31

同じW202/C240⇒W203の車暦でどうかな?と思ったのですが、
・アクセル・フィール
・ブレーキ・フィール
・ステアリング・フィール
3点は全く同意見です。( ̄ー ̄)ニヤリ

ステアリングは
ボールリサーキュレーティング式⇒ラックアンドピニオンは
ステア最後にタイヤ傾斜を付けなくなってしまった分?
狭いスペースへの駐車に今でも苦労しています。sad
戻れるものなら戻したいです。ステアリング形式>

投稿: GPK | 2012.08.20 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« W203のサイドスカートに穴が開きました | トップページ | Audi A6 2.8 FSI quattro インプレッション~デザイン編 »