« メルセデス・ベンツEクラス・クーペのHIDの6000K化 | トップページ | ベンツ Eクラスのポジションランプの基板の外し方がわかってきた »

2016.01.02

メルセデス・ベンツ Eクラスのポジションランプの交換方法がわからない

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ(C207前期)のメルセデス・ベンツ Eクラスクーペ(C207)のヘッドライトを6000K化し、真っ白になったのはいいのですが、純正のポジションランプがLEDなのに色合いがこれまた4500Kくらいな感じなので、交換したいと思っていました。
CIMG1653_crLEDポジションランプ自体はヤフオクで5000円弱くらいから売っているのですが、購入前にまず外し方を勉強しようと思って、試してみました。
しかし、わからないんですよ。アクセスできるんですが、外し方がわからない。

 

 

CIMG1628 まず裏蓋を反時計回りに回転させて、外します。
CIMG1650 すると緑色のLED基板が見えます。これを抜けばいいのですが、奥下側に爪があり、それを押させるのか、何なのか、外さないと抜けないようです。爪が外れたら、手前のコネクタを抜き、基板を手前に引き抜くだけのようです。
しかし、その爪がわからないんですよ。
CIMG1651 爪がどんな形状をしているのか、見たくて、デジカメをアップにして撮影したのですが、基板の裏側が見えません。
ちなみに、銀色の丸いのはドーム状のリフレクターを裏から見ています。ドーム下方の四角い穴の下に、基板上のLEDがあります。

ネットで交換手順を探したのですが、ショップの作業風景はいくつかあるのですが、肝心のところが写ってないし、説明がありません。そこはショップの知識として出さないようにしているんでしょうね。

ということで、一旦、断念です。この基板の裏側を撮影できる方法を考えてから、再チャレンジしたいと思っています。

後日談:交換作業に成功しました。詳しくはこちら

|

« メルセデス・ベンツEクラス・クーペのHIDの6000K化 | トップページ | ベンツ Eクラスのポジションランプの基板の外し方がわかってきた »

C207の整備・故障・修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メルセデス・ベンツEクラス・クーペのHIDの6000K化 | トップページ | ベンツ Eクラスのポジションランプの基板の外し方がわかってきた »