W203のインプレッション

2013.01.27

W203(後期型)のインプレッション~がっかり編

 W202(1999年式C240)から乗り換えたW203(2005年式C230コンプレッサー・アバンギャルド)のファースト・インプレッションを書いてから随分時間が経ってしまいました。
 購入してから8ヶ月を経て、今回はW202から進化したはずが、逆に退化した?部分、がっかりさせられた部分をを中心にインプレッションをレポートします。



■自動車とは何かを教えてくれたW202
 私はメルセデス・ベンツを所有したのは、W202だけですから、決してメルセデス・ベンツを語れるほどの経験はないわけですが、しかし、それでもW202に初めて乗ったとき、そのあまりの素晴らしさにまったくベンツに興味がなかった私がそれを購入し、購入してからも乗るたびに感動するくらいよくできたW202について、惚れ込んでいました。自動車が備えるべき要素、それが何なのかを教えてくれた車といっても過言ではありません。
 私はいろんな高級車に試乗する機会を得て、自分なりの評価軸を固めてきました。メルセデス・ベンツCクラス(W202)は素晴らしい車であり、私の評価の基軸となる車、車としてのベンチマーク、スタンダードといっても良い車でした。そして、次の車もCクラスがいいな、そう思っていました。
 だから、迷うことなくW203を選んだわけです。W202をもっと進化させたであろうW203。期待感があったわけです。
 デザインは、最初はひょうたん目があまり好きじゃなかったのですが、後期型になってヘッドランプがプロジェクターになるとなかなかカッコいいと思えるようになってきたこともありました。

■あちこちが安っぽくなったW203
 期待して買ったW203ですが、乗るとW202に比べて、様々ながっかり要素が見えてきました。見た目がカッコいいだけに、それに対する落胆は、今でも癒えてはいません。まずそのことからレポートしたいと思っています。これを先に言わずして、W203の良さは語れないわけです。不満をまず言わせてください。W203のオーナーのみなさん、そしてW203を検討しているみなさんの反感を買うかもしれませんが、それでも書かずにはいられないわけです。
 細かいことも含めて、いや、ディテールにさへ込められたメルセデスのこだわり、そのことがつくづく、そして深く私を尊敬せしめてきたメルセデス精神、メルセデス哲学、W202にはあったそれがW203ではなくなってしまった、それを今回は報告したいと思います。

がっかりその1:軽くなったドア
 W202に乗ろうとして最初に感じるずっしりとした重みのあるドア。見た目を裏切る重さ、とでも言うんでしょうか。その重さに、メルセデス初心者の私は、さすがだ!これがドイツ車か、そう思ったものです。6年半乗っていた間、開けるたびに感じていた満足感。今からメルセデスに乗れる。そういう所有している満足感が、W202はありました。決して飽きることのない、その重量感、品質感。ドアを開けるときから始まっていたわけです。
 ところが、W203ではそれが薄くなってしまいました。開けた瞬間、あれ・・?軽い・・・。車体軽量化のためなんでしょうか。普通の車、よりはそれでもちょっと重いけれど、W202比で確実に軽くなってしまいました。誠に残念です。
 ただし、リアドアは、W202は割りとカスッとした軽さだったんですが、W203は逆に少し重くなっている気がします。

がっかりその2:普通に近づいたシート
 次に、シートに座るわけです。すると、あれ?柔らかい・・・。
W202のシートは、座った瞬間、硬い、そう思うのですが、しばらく乗っていると、この硬さがなんというか独特の心地よさに変わる不思議なシートでした。
 座った瞬間、表面が板のように感じたW202のシート。運転中に車両が上下するのにあわせて、垂直方向に平行して上下するような感覚がなんともいえず、心地よい。こんなシートは乗ったことがありませんでした。私は座り心地に定評のあるフランス車のシートばかり乗ってきたので、この硬いのに心地よい感覚は初体験で、すごく気に入っていました。乗っていて尻が痛くなるようなこともあまりなく、父もこのシートは腰が痛くならない、そう言っていたシートでした。
 W202のシートの造りは金がかかっているようで、伝統的なメルセデスの表面のファブリックと薄めのウレタンの下は、ヤシ殻繊維が厚い層をなし、その下にベッドに使われているようなコイルスプリングが仕込まれているものだったと思います。普通は棒に波をつけたような安っぽいスプリングを使うものなのに、メルセデスのそれは違っていた。それらが独特の上下動を作り出していたと思っています。
 それがですね、W203では、たぶん、ヤシ殻は使われてない。スプリングはよくわかりませんが、ヤシ殻がなくなった分、表面のウレタンがW202に比べて厚くなったような感じです。安っぽい感じではない座り心地で、ウレタンもスカスカなんかではなく、しっとりとした少しテンピュールっぽい割といいウレタンなんだと思います。これが万人ウケするシートなんでしょう。
 それでも、私はあのヤシ殻シートが懐かしい。乗るたびに、いいな、って思わせる。乗り心地もいいシートでした。

シート表皮は、私のC230コンプレッサー・アバンギャルドはハーフレザーになっているんですが、フェイクレザーです。それがまた安っぽい。ビニールって感じです。シボ感もイマイチですが、薄いんですね。だから、革じゃない、と
どんな素人が見てもわかる。その点、シトロエンXmのシートの一部に使われているフェイクレザーや、アウディA6のそれは、よーく見ないとわからない。それくらいの品質があって欲しかった。

がっかりその3:安っぽいスイッチの仕上げ
 第3に、スイッチの樹脂の仕上げが安っぽくなりました。ツルツルとした表面で、安っぽいテカリ方がメルセデスらしからぬ品質感です。たとえば、このヘッドライトのスイッチ。最初見たときは、「何これ?・・・」国産車の大衆車並みの品質です。いまどきの大衆車なら、こんな酷くもない。すごくがっかりです。

パワーウィンドーのスイッチも安っぽくなりました。センターコンソールから、ドア側に移されたスイッチは、使いやすくはなったものの、表面の仕上げがやっぱりツルテカ。タッチも少し悪くなってる。スイッチが小さいんですね、以前に比べると。だからなのか、重量感がなくなってしまいました。

がっかりその4:安っぽいレバーのタッチ
 第4に、ウィンカーレバーのタッチがすごく安っぽくなりました。 W202のウィンカーレバーやクルーズコントロール・レバーっていうのは、レバー部が金属だったんですが、W203では写真のようにスイッチ部と一体になった黒樹脂になりました。これが、あーた、ものすごく安っぽいタッチなわけです。国産車並み。つまり、操作すると根元が「しなる」感じが伝わってきます。剛性感が不十分。ウィンカーってしょっちゅう操作するものですから、操作するたびにがっかりさせられる。W202のそれは、タッチがすごく良かった。倒したときにしなる感じもなければ、カチンッと倒れて、あいまいな部分がない。戻るときも反発力がしっかりある。あんなウィンカーレバーのタッチは経験ないです。今まで乗った車の中で、一番良いタッチだったわけです。それがなくなってしまった。

がっかりその5:薄くなったフロアマット
 第5に、フロアマットが安っぽい。薄くなってしまったのか、重量がなくなって、矢印のように中折れしてしまうんですよ。ずしりと重いマットじゃなく、ペナンペナンのマットなのです。敷くとマットは前方に行くに従ってマットの先端が登りますが、薄いので、前方の重量を支えきれず、中折れしてしまう。これがなんとまぁ、安っぽい。こんなの国産車でも見たことないですよ。まったくひどい。

がっかりその6:廃止された余熱ヒーター
 第6に、ベンツの工夫で書いた余熱ヒーターが、なんとなくなってるんですよ!えーー!?嘘やろ・・・。いくら探しても、RESTと書かれたスイッチはありません。なんで、あれ、廃止してもーたん?
 すっごく便利だったのになぁ。この時期には必須のアイテム。子供を駅に迎えに行き、待っている間、他車がエンジンをかけっぱなしにして暖をとっている中、メルセデスはRESTがあるから、エンジンを切っても暖かかった。今は、寒い。かといって、アイドリングするのは気が引ける。コストダウンのために、電動ウォーターポンプをやめてしまったのだろうか?すごくがっかりです。

がっかりその7:タッチが少し悪くなったシフトレバー
 第7に、ATシフトレバーのタッチが少し悪くなりました。W202の方が、カチンと決まった。W203は少し柔らかくなった感じがします。柔らかくなったというのは、反発力のばねが弱くなったという意味です。それでも、なお、LEXUSを含めて他車を寄せ付けないタッチではありますが。このあたりは、自動車ジャーナリストの笹目二朗氏が、WebCGのブリーフテストで「レバー類の操作タッチは良い部類に入るが価格を考えるとさらに期待値は上。カチッとした節度感や剛性こそが高級品質の証」と書かれているとおりだと思います。

W203(前期型)が出た当時のNAVI(2000年/8月号)の清水和夫氏の総括には「はたしてCクラスは本当にモデルチェンジをする必要があったのだろうか」と書いていますが、これまた、まったくそのとおりだと思います。

かつてW202、W210のオーナーだったいきつけの美容師さんにこういった話をしたところ、「過渡期のモデルだったんじゃないかな」。私もそう思います。W204はどうなっているのかわからないのですが、最近乗ったCLSにはまったく安っぽさはなかったところを見ると、そうなんだと思いたい。
概して、W202からW203には特別な理由がない限り、乗り換える必要はないというのが私の結論です。
ところが、じゃあ、お前はW202に戻りたいのか?と問われれば、それが、戻りたくない、そう思うのもまた事実なわけです。
そのあたり、次回、W203になって良くなったところを報告します。

| | コメント (9)

2012.11.24

Audi A6 2.8 FSI quattro ~ロードインプレッション編


Audi三重・津で受け取りました。

Audi A6 2.8 FSI quattroの3daysモニターに当選して、3日間ですが、そのエクステリア・デザインに圧倒され、惚れ惚れとしていたわけなんですが、今回はインテリア・デザインとロードインプレッションについてレポートします。

続きを読む "Audi A6 2.8 FSI quattro ~ロードインプレッション編"

| | コメント (8)

2012.08.19

W203(後期型)のインプレッション~第一印象編

2005年式メルセデス・ベンツ C230コンプレッサー・アバンギャルド(W203後期型)を購入して、3ヶ月になろうとしています。



そろそろ、みなさまご期待の?W202(C240)との比較インプレッションを書きたいと思います。
これから、何回かに分けて、W203はこういう車だっていうことを私の感じた印象をお伝えしていきたいと思います。
初回の今回は、第一印象編と題しますが、毎回テーマを決めるわけではなく、そのときそのとき感じたこと、思いついたことをレポートしていくつもりです。

続きを読む "W203(後期型)のインプレッション~第一印象編"

| | コメント (4)

2012.07.14

C230コンプレッサー・アバンギャルド燃費報告

購入して初めて、ガソリン満タン法での燃費を計測することができました。



694.6km走って、54.0リットルでした。
燃費はなんと、12.8km/l !

すごい・・・。
最高だ、これだけ走れば文句ない。

前のW202(C240)は、購入当初は、6.5くらいで、売却時は、6.2くらいに悪化してましたから、倍ですよ、倍!

高速走ったわけでもなく、自宅周辺の短距離をちょこまかはしっているだけなのに、これだけいくっていうのは、やっぱり4気筒数、1800ccだからだな。

前のV6SOHCのC240より、馬力もトルクも上で、普段の走りやすさも向上してるのに、これだもんな。やっぱりスーパーチャージャーってすごいな。過給機付きの車は初めてだけれど、いいもんですね。

| | コメント (1)

2012.07.08

C230コンプレッサー・アバンギャルド(W203)を購入しました

記事が前後しますが、W202を売却し、W203を購入しました
それが納車されたことは、既にご報告しましたが、詳細について、レポートします。



私が買ったのは、2005年式メルセデス・ベンツC230コンプレッサー・アバンギャルド(初年度登録2005年1月)。
この車は2004年6月に後期型へとシフトしたW203と同時に発表されたグレードで、翌2005年8月にはラインナップからなくなってしまい、C230アバンギャルドという2,500ccの新型V6DOHCと7速ATたる7G-TRONICを積んだモデルへと引き継がれました。1年間だけのモデルです。

W202からW203を購入するにあたって、どのグレードにするか、これを一番悩みました。

まず、事前のネットやこの本の調査から、エクステリア・デザインやトラブルの少なさから、後期型を狙うことは決めていました。

次に、私がこだわったのは、
1. 8way以上のパワーシート
2. ヘッドランプがクリアレンズのキセノン

この2点です。



これを満たすのは、C230コンプレッサー・アバンギャルド、C230アバンギャルド、後期型C240だけでした。
玉数はどれも少なく、W202も購入したドリームオートの社長からは、相当長い間、待ってもらわないと難しいかもしれないと、一度は断られたのですが無理を言って探してもらいました。
ドリーム・オートさんは、社長が正直な人なので、車が良くないと扱いません。信頼できるお店です。



予算は、込み込みで、160万以内、そういう条件で探してもらうことにしました。といっても、W202の車検が切れ掛かっていて、その間、代車をお借りできたので助かりました。

お願いして約2週間、良いものがオークションに出ているので、速攻落としていいか?という電話がかかってきて、お願いしました。



無事、予算内で落としてもらった、その固体は、オークション評価が、外装4.5、内装A、走行距離44,083kmという中々の上物でした。しかも、2012年1月、つまり今年の初めに車検を通しばかりです。

社長が調べてくれたところ、オークションに出る前は、YANASE神戸支店の認定中古車だったようです。YANASEが在庫をオークションに流したようです。記録簿を見ると、YANASE京都支店で、ずっとメンテナンスされてきていたワンオーナー車。

これが、車両本体価格が137万円で、諸費用込み値引き後、147万と、かなりお買い得でした。
しかも、納車整備として、バッテリー新品、オイル/オイル・フィルター交換をしてもらいました。
W203は、エンジン・オイル・レベルゲージというのがないので、念のためにYANASEで交換してもらってあったようです。


NAVIはPanasonicの2010年型HDD NAVI CN-HW860D(VICS対応)やETCも装着されてます。これでこの価格、めっちゃ得したなーって感じです。これだから、中古は止められない♪

さて、次回以降は、もう少し、詳細に車を見ていきながら、W202との違いや走りなどについてもレポートしていきます!

| | コメント (2)

2012.06.10

これからの記事予告

すでにたくさん書くことがたまっていますが、今週、来週と出張続きで全然時間が取れません。


今後の記事は、
・W202売却
・W203購入とこの車の素性
・W203のポジション球LED化の失敗
・W203の気になるところと、W202の良さ
・W203の気に入っているところ

てな、感じで、お届けしたいと思っています。

| | コメント (0)

2012.06.03

C230 コンプレッサー・アバンギャルドが納車されました

とても幸せな7年間を過ごしたW202(C240)から、W203(C230コンプレッサー・アバンギャルド)に乗り換えました。納車整備も終わりようやく納車されました。
これから、じっくりと、W203、そして、W202との違い、比較について、レポートしていきたいと思います。



W202から乗り換えて、いろんな違いに気づくのですが、一番いいたいのは、W202という車は、W203に比べて、まったく引けをとらない素晴らしい車だったということです。
W203に乗り換えて、改めてその気持ちが強くなりました。もちろんW203になった良さっていうのもいくつもあるのですが、W202がいかに小型車の中で際立って優れていたのかということをまずは強調しておきたいと思います。
そのあたり、その気持ちをもった詳細は、今後、W203との違いの中で語っていきたいと思っています。

一方、W203はすべてが軽いですね、W202に比べてですよ。そこは洗練されたと解釈してもいいのではないかと思います。
また、このC230コンプレッサーに乗ってるエンジン、1800ccのスーパーチャージャーつき191psですが、これがめっぽういいです。確かに音は、C240のV6に比べると少々ガサツではあるんですが、それでも、低音が少々大きいだけで、加速感などはものすごくスムースな感じです。素晴らしい!

とりあえず、W203のコンテンツとして、左サイドバーの下の方に、Galary for W203 と W203情報 という2つのコーナーを設けました。

これからも、W203やW202のオーナーのみなさんだけでなく、W202やW203のご購入をご検討されているみなさんにも役に立つ情報源を目指していきたいと思っていますので、今後ともどうかよろしくお願いします。

| | コメント (9)